Notebook and Pencil

Girls Be Ambitious!

PSG プロジェクトは、

女子中高校生の輝く未来を応援します!

Purple Background
What's New !

>2022.9.30

第5回PSGワークショップは12月11日(日)14:00から、第1部「高電圧・放電現象を光で探る」(東京大学熊田亜紀子教授)、第2部「学部のその先を覗こう!」の予定です! 

詳細についてはWorkshopのページをご覧ください。第4回PSGワークショップの事後アンケートなどでいただいた質問への回答も今後掲載いたします。

>2022.7.20

東洋経済オンラインにてPSGの活動が紹介されました! 記事はこちらからご覧になれます。

 

>2022.6.6

日本経済新聞にてPSGの活動が紹介されました! 記事はこちらからご覧になれます。

>2022.5.19

過去のワークショップのページにて、第3回PSGワークショップの事後アンケートで寄せられた質問に対する回答を公開しました。

PSGとは ?

女子中高校生たちのエンパワメントを目指して

 Path to Science for Girls (PSG)は、女子中高校生 (特に地方の女子中高校生)に対して大学で最先端のサイエンス研究をしている先輩たちの姿を紹介し、支援するプロジェクトです。

「地方だから」

「女子だから」

「学費が心配だから」

「自分はここまでしかできないだろうから」

​・

このような思い込みや周囲からの決めつけに思い当たる節はありませんか?もしそうであれば、ぜひ一度、「やりたいことが最前線でできる場所にいる未来の自分」をイメージしてみてください。PSGは、女性の大学教員や大学生・大学院生と女子中高校生をオンラインで直接繋ぐことによって、そのイメージをより具体化し、性別に関係なくどこまでも高い目標を持って良いこと、そして、みなさん一人ひとりが目標を達成する力を秘めていることを知ってもらいたいと考えています。そのために、以下の3つを柱に活動をしています。

活動の内容

女性研究者の紹介

第一線で活躍する女性教員や女子院生の研究風景を覗いてみましょう!

オンライン
ワークショップ

動画に出演した教員・大学院生などとの交流会をオンラインで開催予定です!

掲示板

進路決定に役立つ情報

(大学生へのインタビュー、奨学金情報、他団体によるイベントの紹介など)を随時更新します。

代表からのメッセージ

 学術の領域で活躍する日本の女性を少しでも増やしたい―

 私たちPath to Science for Girlsのメンバーは、そのために活動しています。特に、サイエンスの領域で、第一線で活躍する女性研究者が少ないことに問題意識を持っています。今、サイエンスの第一線で活躍している先輩たちの姿を身近に知っていただきながら、女子中高生が、進路選択に際して遭遇するであろうさまざまな「ブロック」を崩し、自分が望む進路を自由に進んで行けるように支援したいと願っています。

 私たちは、米国国務省の提供する人物交流プログラム(フルブライト奨学金等)の同窓生を中心とし、上記の趣旨に賛同して集まった有志のグループです (メンバーの自己紹介はこちらをご覧ください)

大学研究者と高校教員が中心となり、米国大使館からの資金提供を受けて活動しています。

PSG の Instagram / Twitter